帰郷

意気地なしが あいつのあだ名 
注目されるとすぐ赤面してた
家族を助けるためだけに 
大学と東京はあきらめたんだ

爪の中がいつも真っ黒だったから 
石鹸と爪切り どっちが欲しいんだって
あれから君の人生には 
どんな出来事が起きたんだろう

僕にはかけがえない人達 
当たり前じゃないさ 大事にしたい
有り難みって慣れてしまえば 
傷つけたことさえ気付けなくなる

愛ってなに そんなもん知らない 
やさしさってなに そんなもんも知らない
あいつはただ思いやりの根を育ててるだけ 
苔は湿地に生えるんじゃなく 
あいつへの扱いだった
僕は浮かれて 浮かれて

 

僕が地方に行くとどういうわけか 
あいつよく東京の市場に来てたらしい
玄関先に決まってジャガイモの箱が二段 
君の仕業だろう手紙くらい

僕と君は全く違う職業だけど 
草をかき分けたらきっと鉢合わせするだろう
強い人とはあいつのことさ 
働き者とはあいつのことさ

随分綺麗になった駅を発車し 
景色を見送りながらいろんなこと回想してる
車窓から君の大きな背中が見えたら

もうそこは故郷のいい匂い 
もうそこは故郷のいい匂い
もうそこは故郷の そこは故郷の 
そこは故郷のいい匂い
僕は浮かれて 浮かれて

 

太陽に麦藁を 虹に靴下を 
  
穏やかに晴れた空 

ダンデライオン 
土手に吹く風はバイオリン


デタラメな鼻歌 

指のパーカッション

木綿のように 

どこか懐かしい

体育座りしてる 

小さな恋のメロディー
元気だろうか 

ふと胸がほろ苦い


稲を植え終えた

田圃に水が引かれていく
冬を越えて 君に会えた

いい季節の はじまりさ
    
愛すべき人達に 出会えてこれたから

辿り着けたこの夜に
太陽に麦藁を 虹に靴下を
履かせる旅なのかもしれない


何を信じていいやら  

あきれてしまう 
あきらめてしまう 

だけどこれだけは


手に負えぬあんなこと

こんなこと 
せめて君とだけは

Happyに散歩したい

傷つけなければ 

輝かないものがある 
愛がなければ

輝かないものがある


どんな時だって 

そばにいてくれた人忘れない
君は君で 何かを煮込んでる
僕は珈琲豆

​ガリゴリ挽いている

愛している ありがとう 

ごめんね おやすみなさい 

ただいま おはよう
散々な日があったり

言葉にならないほどの
夕陽に見とれたり
  
愛すべき人達に

出会えてこれたから
たどり着けたこの夜に
太陽に麦藁を 虹に靴下を
履かせる旅なのかもしれない

草木のない心に

根を茎を葉を花を

​咲かせる旅なのかもしれない

  長靴を履いた雲

風船が浮かんでいる 
小さな手で糸を握りしめてる

大漁旗が風になびいてる 
あなたのすべてが宝物だよ

わたしの爪弾くギターでは 
腹の足しにも薬にもなれず

自分を責めてもこれがわたしの 
毛布代わりせめてこのギターを薪に

花の匂いを嗅ぎたくて 
久しぶりに自転車を磨き

何がどうあれ何であれ 
わたしは花に埋もれ寝た

 枯れやしない花が無いように 
 汚れやしない靴など無いさ
 だからこそ愛したい 
 わたしも汚れ枯れる
 真澄の空 燦々浴びて

 

 

土地を耕す農夫の手で 
ある日お茶をご馳走になり

土臭くない自分がやけに 
ひ弱に思えた北国の秋

警笛と汽笛を放ち 
山間の宿へと汽車は走る

片道路線に揺られながら 
温もりある言葉をかけてくれたね

長靴を履いた雲が見えたよ 
忙しい街を見下ろすように

誰のためじゃない誰のものでもない 
幸せ存分味わっていこう

 そして新たなギターを手に 
 身近なことを弾いてみよう
 平で和やかな季節の中で 
 守りたい人がいると

 枯れやしない花がないように 
 汚れやしない靴などないさ
 だからこそ愛したい 
 わたしも汚れ枯れる
 真澄の空 燦々浴びて 
 真澄の空 散々浴びて
 そして夢を描くよ

   向日葵畑と缶ビール

どこまでも続く道から空仰げば
いつまでも眺めていたくなるよ 

ただボーとね 


風に揺れる向日葵畑と缶ビール 
気持ち良さそうに

スローモーションな飛行船

 バスに揺られて 

出逢った絵のような風景
君に見せたい場所が

またひとつふたつ増えたよ

鼻を鳴らし 

無い尻尾を振り
野生に還る 

まあそんな気分かな 

   
酔ってるのはビールの所為じゃない

 

空がゴロゴロと腹を空かせたらしい 
トレッキングシューズで

踊るように歩く砂利道


陽に焼けた二の腕で

ニコニコな太陽を  
空から剥ぎ取り 

胸のバッジにつけるんだ

疲れきっても 

歩かなきゃならない時
君の代わりに 

せめて杖代わりにはなるだろう

気が済んだらすぐに帰るから 
寝泊まりなら豪華な夜がある
グレープフルーツだって浮かんでる


気難しくとらえすぎて

楽しむこと 忘れたりするけど
今日はとっておきの日 

楽しむにはもってこいの日だよ
  

気が済んだらすぐに帰るから 
寝泊まりなら豪華な夜がある
酔ってるのはビールの所為じゃない

    完熟トマト


シャツの胸には蓋付きのポケット 
切符と君のシャララを生ける


キャリーをジグザグ這わせ 
蜂のように蜜を目指すよ

涼しげな小道を

たっぷり闊歩して 
君に逢いに行くとこ 

実る果実は食べごろか

何処へも行ける 

そう縦横無尽に 
こんな気分はやたら無いから


たまには朝になって 
触れるすべてに挨拶でも


すれちがうプラスティックケース 
気になる淡い未完熟トマト

窓の景色に木々は増してく 
近づくたびに色は深くなる


caféの名に君の名を 
紙コップの夏は揺れている

絵はがきがあるから 
無沙汰な友へ


文庫本みたいな時刻表 
下敷きにすれば照れくさく

いつまでもなんて願いながら 
不安や不満を修理しながら


小さいメモ帳をちらり 
並ぶ言葉に奮い立てば


若さに逃げちゃいない 
それでも暖めたいことあるから

真直ぐになんて生きられない 
曲線を描き丸くなれ


赤く火照る頬で 

人は幸せになるという


野菜は足りてるか どうだろう

待ち合わせまで時間がある 
君の街はもう夕飯時


大荷物のわりに 

左手は手ぶら 
そうだそうしよう
君への手土産に 

なんだかな 

赤い完熟のトマトを 
 

 ハジメテノギター

ハジメテギターを弾いた 
夜に落書きをしたんだ
何か弾いてよって聞いてよ

引越したばかりの部屋の
隅っこのテーブルの上
書きかけの歌が君を君を待ってる

夏と半袖を無造作にハンガーにかけて
陽炎ってる窓の外を見ていたら

街に夕立が来たんだ 
それでふと目が覚めたんだ
濡れた路地裏 

傘は投げ出しても 
夢は夢だけは

街までの距離を弾き出して 
胸を叩く「ドンとこい!」
遠回りなら得意分野さ

でも遅刻は避けなきゃ

必ず被ってた帽子を 
今日は椅子にかけて
誰もいない部屋で 
日暮れを休ませてあげよう

空に信号機は無いよ 
僕は無免で星盗む
君への歌を書いても 
君には内緒さ

このハジメテのギターが 
このハジメテのギターは
このハジメテのギターで
何かがハジケタ そしてハジメタ 
夢中なのさ今も